個人年金と公的年金

個人年金に入る前に、公的年金のことも知っとく情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
個人年金は別名、個人年金保険と呼ばれるように、生命保険と同じく、年末調整や確定申告時に、所得税の控除をうけることができます。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

個人年金と一口にいっても、いくつか種類があり、素人には大変わかりにくいですよね?個人年金は保障期間などからまずは大きく分類するとわかり易くなります。

個人年金は、自身の老後生活資金を確保するための保険で、貯蓄性を重視した商品です。契約時に定めた一定の年齢から個人年金が受け取れるようになります。

個人年金保険についてのサイト、個人年金によると、生命保険会社だけでなく、損害保険会社や郵便局などでも販売しているようです。

 

 

つづきを表示

PageTop

個人年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。

先進国の年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給付する制度は被害者補償の年金など対象者が狭く限定される。
公的な社会保険の場合、医療保険・労災保険・雇用保険・介護保険と並べて論じられる場合が多い。

個人年金ナビによると、個人年金に加入するまえに、公的年金についても、知っておいたほうが良いとあります。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。